忍者ブログ
※まず初めに。IEなど一部のブラウザではサイトが崩れてしまってますがご容赦ください(平伏                                                          Firefoxでは問題無く閲覧を確認済みです。(FirefoxでもPC環境によってはここの文字が崩れてますがその場合はご容赦をm(_ _)m)                                     ゲーム好き・アニメ好きだが好き好みが激しく妙なモノばかりやってる気がしないでもない野郎の日記…の予定(ぇ                                                ※使用したFEZのスクリーンショットの権利は下記に属します。 (c)2007 SQUARE ENIX CO., Ltd. All Rights Reserved. Licensed to Gamepot Inc.                             他の画像の権利に関しましても製作者もしくは製作会社に帰属します。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Twitter!
最新コメント
[01/28 海崩]
[01/28 まろにー]
[06/29 瞬夏]
[06/29 海崩]
[06/28 瞬夏]
最新トラックバック
こえ部の投稿声最新5件
バーコード
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こえ部にお題「たんぽぽ愛好家」を投稿したはいいが5分に収まりきらなかったので、独自に作った全文(実際はお題主の文の後に独自に作った文をくっつけただけ)を載せようと(腹いせ

諸君、私はたんぽぽが好きだ。諸君、私はたんぽぽが好きだ。諸君、私はたんぽぽが大好きだ。

綿毛が好きだ、ギザギザした葉が好きだ、花びらが好きだ、
刺身の上が好きだ、舌状花が好きだ、春らしさが好きだ、
かわいらしさが好きだ、黄色い花が好きだ、みるあが好きだ。

平原で、街道で、塹壕で、草原で、凍土で、砂漠で、海上で、空中で、泥中で、湿原で。

この地上で咲いているありとあらゆるたんぽぽが大好きだ。

戦列をならべたたんぽぽの群れが風と共に綿毛を吹き飛ばすのが好きだ。
空中高く放り上げられた綿毛が突風でばらばらになった時など心がおどる。

おじさんの操る草刈機の刃がたんぽぽを撃破するのが好きだ。
悲鳴を上げて燃えさかるたんぽぽから飛び出してきた虫をMGでなぎ倒した時など胸がすくような気持ちだった。

草刈機をそろえたおじさんの横隊がたんぽぽの戦列を蹂躙するのが好きだ。
恐慌状態のおじさんが既に息絶えたたんぽぽを何度も何度も掘り返している様など感動すら覚える。

敗北主義のおじさん達を街灯上に吊るし上げていく様などはもうたまらない。
泣き叫ぶたんぽぽ達が私の振り下ろした手の平とともに金切り声を上げる草刈機にばたばたと薙ぎ倒されるのも最高だ。

哀れなたんぽぽ達が雑多な生命力で健気にも立ち上がってきたのを
油圧ショベルのバックホーが区画ごと木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える。

露助の機甲師団に滅茶苦茶にされるのが好きだ。
必死に守るはずだった草原が蹂躙され、たんぽぽが刈られ殺されていく様はとてもとても悲しいものだ。

英米の外来種に押し潰されて殲滅されるのが好きだ。
外来種に追いまわされ害虫の様に地べたを這い回るのは屈辱の極みだ。

諸君、私はたんぽぽを地獄の様なたんぽぽを望んでいる。
諸君、私に付き従うたんぽぽ愛好家諸君。
君達は一体何を望んでいる? 更なるたんぽぽを望むか?
情け容赦のない糞の様なたんぽぽを望むか?
鉄風雷火の限りを尽くし三千世界の鴉を殺す嵐の様なたんぽぽを望むか?


よろしい ならばたんぽぽだ

我々は満身の力を込めて、今まさに振り下ろさんとする綿毛だ…

だが、暗い闇の底で半世紀もの間に耐え続けて来た我々には
ただのたんぽぽではもはや足りない!!
大たんぽぽを!! 一心不乱の大たんぽぽを!!

我々はわずかに一愛好家、
選任に満たぬ劣等種にすぎない
だが諸君は一騎当千のライオンの歯だと私は信仰している
ならば我らは諸君と私で総兵力100万と1つの綿毛集団となる
我々を忘却の彼方へと追いやり、眠りこけている連中を叩き起こそう
髪の毛をつかんで引きずり下ろし 眼(まなこ)を開けさせ思い出させよう

連中に根の味を思い出させてやる
連中に我々の花びらの音を思い出させてやる
天と地のはざまには奴らの哲学では思いもよらない事がある事を思い出させてやる
1000個の綿毛の戦闘集団(カンプグルッペ)で 世界を埋め尽くしてやる

私は諸君らを約束通り連れて帰ったぞ

あの懐かしの広原へ!
あの懐かしのたんぽぽへ!

そして…ゼーレヴェは遂に大洋を渡り、陸へとのぼる…

ダンデライオン大隊各員に伝達!
大隊長命令である!!

さあ諸君…春をつくるぞ…
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール
HN:
海崩
性別:
男性
自己紹介:
09年始まってついにバイトを見つけて脱NEET。そして28になって自宅にNET引いてFEZ(ファンタジーアースゼロ)休止阻止に四苦八苦した輩。
日記の内容はゲーム関連かニコ動が主になるかと思われまs
今日の言霊
クリックするとおやっさんから魂のこもった言葉を聞けるぞ!
フリーエリア
ニコ動お気に入りマイリスト
人気記事ランキング
アクセス解析
Copyright © 2008 海に崩される輩のやさぐれ日記(ぇ All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS